食べたら危険!犬にあげてはいけない食べ物5選

犬に玉ねぎやチョコレートをあげてはいけないというのは有名な話ですよね。

では、それ以外にもあげてはいけないものがあることを、あなたは知っていましたか?

犬にあげてはいけないものは、これから犬を迎える方や犬を飼い始めたばかりの方にもしっかり覚えておいてほしい内容です。

今回はそんな犬にあげてはいけない食べ物を5つ、ご紹介します。

犬が食べると危険な物

犬が食べると危険な物は以下のようなものがあります。

  • 玉ねぎ、ネギ
  • チョコレート
  • キシリトール
  • ぶどう
  • アボカド

一つずつ詳しく説明していきます。

玉ねぎ、ネギ

玉ねぎや長ネギなどのネギ類には、アリルプロピルジスルフィドという赤血球を壊す物質が含まれています。

犬はこの物質を消化する酵素を体内に持ち合わせていない為に中毒を起こしてしまいます。

症状としては貧血や血尿を引き起こし、最悪の場合死に至るケースもあります。

すぐに症状が出ないので、誤って愛犬が玉ねぎなどを食べてしまった時はすぐに病院に連れて行くか、数日は注意深く様子を見ましょう。

他にもニラやらっきょうも同じように危険です。

チョコレート

チョコレートはテオブロミンといわれるカカオ成分が中毒症状を引き起こしてしまいます。

症状は嘔吐や下痢、発作などが見られ、血尿や脱水を引き起こす場合もあります。

多量に食べてしまった時に症状が見られますが、少量でも誤って食べてしまわないように気を付けましょう。

チョコレートの他にもココアやコーラ、お茶などにもテオブロミンが含まれているので気を付けましょう。

キシリトール

犬がキシリトールを摂取してしまうとインシュリンの分泌を促進させてしまい、それにより血糖値が急激に下がり低血糖状態になってしまいます。

低血糖になるとグッタリして、ひどい場合では痙攣を起こしてしまいます。

人用のキシリトールのガムにももちろん注意しますが、犬用のガムで少量のキシリトールが含まれてるものもあるので気を付けましょう。

ぶどう

ぶどうは詳しい理由がハッキリ解明されていないのですが、中毒症状や急性腎不全を引き起こす危険があります。

過去に死亡例も出ているほどです。

中毒症状として下痢や嘔吐、急性腎不全として嘔吐、脱水症状、尿が出ないなどが起こります。

ぶどうを食べても何も異常がない子もいますが、安全の為あげないようにしましょう。

アボカド

アボカドにはペルシンという物質が含まれており、これが中毒症状を引き起こす要因となっています。

多量に摂取することで嘔吐、下痢、呼吸困難などを引き起こす場合があります。

しかしアボカドは栄養素が非常に高く、皮膚トラブルや涙やけに効果があるとされています。

その為アボカドを原材料としたドッグフードがあるほどです。

少量なら問題ないようですが、個体差もあるので少量でも症状が出る可能性もありますし、不安な方は原材料にアボカドが含まれているドッグフードは避けるようにしましょう。

【まとめ】

私達人間には体にいい食べ物でも犬にとっては非常に危険な食べ物があることを知っておきましょう。

10~15年しか生きない愛犬の寿命を私達の不注意で更に短くしない為にも、愛犬の手に届く所に危険な食べ物を置かないように気を付けましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

良かったら応援クリックよろしくお願いします(^^)

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です