犬を飼うと死亡率が下がるって知ってました?それはなぜか?

皆さんは犬を飼っていて、その可愛さに癒されることはありませんか?

犬を飼うことは決して楽ではありません。

毎日の散歩やおしっこ・うんちの処理、病院にも連れて行かなければならない時だってあります。

しかし、それに見合うほどというより、それ以上に私達は愛犬からありがたいものをもらっています。

それは『癒し』です

最近はストレスの多い社会ですが、この『癒し』はストレスを軽減してくれるお薬になるんですね。

さて、今回はこの『癒し』の効果で私達にどれほど良い影響があるのか、ご説明します。

犬を飼っていると心臓病で死亡する確率が21%減る!

Circulation: Cardiovascular Quality and Outcomes 誌で発表された研究によると

心臓病を抱えている人が犬を飼うと、犬を飼っていない人に比べて

「心臓病やその他の病気で死亡する可能性が低くなる」

ということがわかりました。

これはスウェーデンでの研究で、12年もかけて行われました。

  • 犬を飼っていること
  • 心臓病やその他の病気で死亡すること

この二つの関連性を調べたものです。

10万人以上を対象にしたもので、

家族と同居している人よりも一人暮らしの人にとって、より効果的でした。

キーワードは『オキシトシン』

研究によると『オキシトシン』と呼ばれるホルモンが大きく関わっていました。

オキシトシンとは…

オキシトシンとは分娩時の子宮収縮や母乳を出すなどの働きをするホルモンです。

これは女性だけのものでなく、男性の中にも存在しています。

オキシトシンは「癒しホルモン」や「愛情ホルモン」と呼ばれていて、ストレスを軽減すると言われています。

犬と触れ合ったり、見つめ合ったりすることでオキシトシンが分泌され、死亡率を下げる要因となっているそうです。

運動量の増加も

犬を飼うことで運動量が増えます。

それは毎日の散歩が犬を飼う上で必須になってくるから。

1日数十分の散歩でも、私達人間の体の健康にはとても良いことです。

運動することで免疫力も高まり、あらゆる病気の予防にもなりえます。

そして、外で過ごす時間は心臓の健康にも良いんですね。

「面倒だけど愛犬の為に」と思って散歩してても、結果として自分にもプラスになってるんですね!

犬だけでなく、猫も!

犬でこのような研究結果があるなら、猫はどうなんだろう?と気になりますよね。

実は猫の研究結果もあるんです!

猫は犬よりも世話が楽なので、

飼い主のストレスや悩み事を減らす効果があるんです!

2008年にミネソタ大学 Stroke Institute が発表した研究で、10年間4435人のアメリカ人を調査したものでした。

その結果、猫を飼っている人は飼っていない人に比べて、

心臓発作で死亡する確率が30%低いと!!

猫は犬のように散歩はしませんが、やはり『オキシトシン』が大きく影響してくるからでしょう。

更に犬の場合は無駄吠え、甘噛み、いたずら、トイレなどのあらゆるしつけが必要でなかなかうまくいかなかったりと悩みやストレスも少なくないですが、

猫の場合はしつけや散歩の必要がなく、お世話が楽なことも要因の一つなんですね。

【まとめ】

犬や猫を飼っている方にとって、なかなか面白く興味深い研究結果でしたね。

筆者も犬を飼っているので、仕事のストレスがあっても家に帰って愛犬と触れ合うことで軽減されてるのをものすごく感じます。

愛犬と見つめ合ったり、触れ合ったりしている瞬間に筆者の体の中では、オキシトシンがブワァーーーっと分泌されているんですね!!

 

昨今平均寿命がどんどん伸びていますが、犬や猫を飼っている人も増えているのでこれによりまた一段と平均寿命がグンと伸びそうですね!

愛犬も飼い主であるあなたも健康で長生きしましょう♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です