生涯あなたを愛します。『犬の十戒』の大切さとは

 

あなたは『犬の十戒』をご存知ですか?

あなたが愛犬と出会ったあの日、

愛犬を心の底から愛し、この子が命尽きるまで守ろうと思いませんでしたか?

 

当たり前のように過ぎていく日々の中、

愛犬のいたずらに悩まされ、世話に苦労し、

あの時の気持ちが薄れてはいませんか?

 

これを読んで、もう一度あの時の気持ちに戻りましょう。

愛犬の短い命は、あなたしか幸せに出来ないのですから…

『犬の十戒』

愛犬から飼い主のあなたに10個のお願いです。

どうか頭の片隅にでも覚えておいてください。

①寿命

わたしの寿命はおよそ10~15年です。

あなたにとってほんのわずかな時間でも、わたしはあなたと離れることが何より辛いのです。

わたしと共に暮らす前にどうかそのことを覚えておいてほしいのです。

②言葉

わたしはあなたの言葉がわかりません。

あなたがわたしに何を求めているのか、わたしが理解するまで待っていてください。

③信用

わたしを信じてください。

それがわたしの幸せになります。

④孤独

わたしを長い時間怒ったり、罰として閉じ込めたりしないでください。

あなたには楽しいこともたくさんあるだろうし、友達もいるでしょうが、わたしにはあなたしかいないのです。

⑤会話

時々わたしに話しかけてください。

あなたの言葉は理解できなくても、あなたの声はわたしにちゃんと届いていますから。

⑥記憶

あなたがわたしをどのように扱ったか、わたしはずっと忘れません。

⑦攻撃

わたしを叩いたり、いじめたりする前に覚えておいてください。

わたしにはあなたを簡単に傷つけることが出来る鋭い歯があるけれど、わたしはあなたを傷つけないと決めていることを。

⑧理解

わたしがあなたの言うことを聞かなかったり、

頑固になっていたり、

怠けていると叱る前に、

わたしがなぜそうゆう態度なのか、

何が原因なのかを考えてください。

毎日の食事に問題があるのかもしれないし、

真昼間の炎天下の下長時間いたせいかもしれないし、

年老いてどこか具合いが悪いのかもしれません。

⑨老後

わたしがどんなに年老いても、最期まで世話をしてください。

あなたもそんなわたしと同じように将来歳をとるのです。

⑩別れ

どうかわたしが天国に旅立つその時まで、ずっとわたしのそばにいて見守ってください。

「見ているのが辛い」とか「いたたまれない」などと言わないでください。

あなたがそばにいてくれるだけで、わたしの苦しみは緩和されて安らかにその時を迎えられることが出来ます。

 

最後にこれだけは忘れないでください。

「わたしはあなたを生涯愛しています」

【まとめ】

これを読んで胸に響かない飼い主はいませんよね。

筆者は読んだだけで目頭が熱くなります。

愛犬を留守番させる時、

叱る時、

病気になった時、

年老いた時。

いつもいつでもこの『犬の十戒』を思い出して、愛犬の気持ちに寄り添ってください。

それだけであなたの愛犬は幸せでいられます。

あなたとあなたの愛犬がハッピーライフを送れますように♡

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

良かったら応援クリックよろしくお願いします(^^)

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です